ブランド品の偽物との見分け方

ブランド物は、直営店で購入すればもちろん確実に本物ですが、そうでない場合は偽物(コピー)を購入してしまうこともないとはいえません。 

そして、使わなくなったから買取業者に買い取ってもらおうと持っていったときに、「偽物です」と言われてしまうことも。 

売れないのはもちろんのこと、ずっと本物だと信じて偽物のブランド物を使っていたなんて悲しすぎますよね。 

そんなことにならないように、ある程度自分で本物と偽物の見分け方を押さえておけば、トラブルを未然に防ぐことができます。 

こちらでは、プロの買取業者がブランド物の偽物と本物の見分け方について解説しています。 

コピー品とは 

コピー品とは、その名の通りブランド物のコピー製品のことです。 

ブランド物に似せて、別の業者が作ったものが世界中に流通しています。 

コピー製品にはランクがある 

一言でコピー品といってもそのクオリティレベルは実にさまざまです。 

本物と見間違えるほどの精巧なコピー品もあれば、ひと目でコピーとわかるような雑な作りのものもあります。 

コピー品のランクは大きく3段階に分けられます。 

A品と呼ばれるランクは、ひと目見てすぐにコピーとわかる作りの雑な製品です。 

新品で売られている場合も相当安いので、すぐにコピーと気づくと思いますが、周囲の人から見てもすぐにわかるので、持っているだけで恥ずかしくなってしまうでしょう。 

S品は、材質は良質なものを使用していますが、作りが雑だったり、劣化が早い粗悪品です。 

A品よりはしっかりしているけれど、こちらも明らかにコピー品だとわかります。 

SS品は良質な材料を使用していて、S品よりもしっかり作られたものですが、よく見るとコピー品と気づかれてしまうでしょう。 

N品は、プロが見ないとわからないほど精巧な仕上がりのコピー品です。 

普通の人が見ても、偽物だとは気づけないといわれています。 

バッグの見分け方 

バッグがコピー品であるかを見分けるには、まず材質を確認します。 

レザーであれば質感に高級感がなかったり、革のにおいが違うなどの違和感に気づくはずです。 

ナイロン地も、特有のにおいがします。 

キャンパス地の場合は、縫い目が荒かったり、高級感が感じられないものはコピー品の可能性があります。 

また、縫製やブランドの刻印も、本物とコピー品はまるで違います。 

特に高級ブランドになるほど、縫い目にブランドの個性がありますので、不安な人は本物と比較してみましょう。 

またブランドマークや刻印が傾いていたり、雑だったりするものも、コピーである場合が多いです。 

時計の見分け方 

ブランド物の時計のコピーは、ロゴや刻印がずれていたり、本来あるべき場所にない場合が多いです。 

また素材や盤の作りが安っぽく感じるものもコピーの可能性があります。 

また、秒針はブランドによって個性があるので、1秒1秒時を刻むブランドや、なめらかに秒針が動くブランドなど、個性に沿った作りになっているかを確認します。 

コピー品には要注意 

精巧なコピー品になると、本物と変わらない値段で売買されているケースもあるため、非常に悪質です。 

正規店以外での購入は控えたほうがよいですが、どうしてもという場合は信頼できるお店で購入することをおすすめします。 

当店では貴金属をはじめとした多くの商品の買取を行っています。
買取方法もお選びいただけますので、買取をご検討の方は是非おたからや阪急西北駅前店をご利用ください。

Follow me!

    お問い合わせフォーム

    まずはお気軽にお電話、LINE、FAX、下記お問い合わせフォームよりご相談ください。
    担当者より折り返しご連絡させて頂きます。

    おたからや西北駅前店ライン公式アカウント



    オンラインからの査定も行っておりますので、商品写真をお持ちの方はLINEもしくはお問い合わせフォームより添付いただけます。

    必須お名前
    必須メールアドレス
    電話番号
    ご住所
    お問い合わせ項目
    写真ファイル1(※査定をご希望されるお品物の写真をお送り頂けます。)
    写真ファイル2
    写真ファイル3
    お問い合わせ内容をご記入ください
    個人情報保護 おたからや阪急西北駅前店のプライバシーポリシーに同意する