コルム ブローチ 金 お買取りしました。

この度弊社ホームページ閲覧いただき誠にありがとうございます。

タイトルにもありますがコルム ブローチ 金 お買取りしました。

商品の方が下記になります。

こちらの商品ですが、¥16万円でお買取りさせて頂きました。

この度はありがとうございます。

次回のご来店お待ちしております。

貴金属に関しましては以前、ブログにて詳しく説明させていただいていますので

是非、閲覧ください。

貴金属は日々レートの変更があります。

基本的には大幅な変更はありませんが、絶対にないとは言えません。

過去の経済的な出来事についてご紹介させて頂きます。

(2001年 米国同時多発テロ事件)

1990年代のバブル崩壊による景気後退が続く環境下、2001年9月に発生した同時多発テロ事件の

翌日から、日経平均株価は急落の流れになりました。

1984年以来、17年ぶりの10000円割れとなりました。

(2003年 20年ぶりの8000円割れ、りそな銀行に公的資金投入)

2003年4月に、バブル崩壊後の最安値を記録しました。(7607円)

しかし同年6月に、りそな銀行への公的資金投入が発表されると、それまでの

下落を打ち消すかのように急回復しました。

(2007年 サブプライム・ショック)

2003年以来の上昇基調にある中、米国でサブプライムローン問題が顕在化し、2007年末から2008年にかけて

世界的に金融危機が連鎖。日経平均株価も暴落しました。

(2008年 リーマン・ショック)

サブプライム・ショックによる暴落から、やや持ち直していた2008年9月に、米国の

リーマン・ブラザーズが経営破綻したことで、金融危機が発生しました。

日経平均株価は、再び暴落に転じました。

(2009年 バブル崩壊後の最安値を更新)

2009年3月に、バブル崩壊後の最安値を更新しました。(7054円)

(2012年 アベノミクス相場)

第二次安倍内閣が掲げた成長戦略(三本の矢)への期待から、

日経平均株価が底を打って上昇。

結果的に、その後約7年にわたってアベノミクス相場が続くことになりました。

(2015年 チャイナ・ショック)

2015年4月に、15年ぶりに20000円台へ回復を果たしました。

しかし、同年8月に中国の景気後退懸念から、日本平均株価が急落。ここからアベノミクス相場

が、一旦下落することになります。

(2016年 ブレグジット、米国大統領選挙でトランプ氏が勝利)

2016年6月に、英国国民投票でBrexitが決定。日経平均株価は急落するも、ほどなく

回復しました。そして同年11月に、米国大統領選挙でトランプ氏が勝利。

さらに上昇基調を強めることとなりました。

このように数年に何度も株価などが下がっており、その度に

金額の方も変わってきます。

貴金属に関しましては特に影響が出てきます。

貴金属の過去の金額に関しましては、以前のブログにて

ご紹介させていただいています。

是非、ご覧ください。

年度ごとで見ると上がってはいますが、月ごとで見ますと

下がったり上がったりしますのでお買取りに関しましても

その都度で変わってきますのでご了承ください。

最後まで閲覧いただき誠にありがとうございます。

弊社の方では様々な商品をお取り扱いしています。

中でも貴金属には力を入れていますので

是非、お問い合わせください。

ご来店お待ちしております。

Follow me!

    お問い合わせフォーム

    まずはお気軽にお電話、LINE、FAX、下記お問い合わせフォームよりご相談ください。
    担当者より折り返しご連絡させて頂きます。

    おたからや西北駅前店ライン公式アカウント



    オンラインからの査定も行っておりますので、商品写真をお持ちの方はLINEもしくはお問い合わせフォームより添付いただけます。

    必須お名前
    必須メールアドレス
    電話番号
    ご住所
    お問い合わせ項目
    写真ファイル1(※査定をご希望されるお品物の写真をお送り頂けます。)
    写真ファイル2
    写真ファイル3
    お問い合わせ内容をご記入ください
    個人情報保護 おたからや阪急西北駅前店のプライバシーポリシーに同意する