ダイヤモンドの査定買取額はどのように決まっている?

おたからや阪急西北店では、ダイヤモンドの査定買取を1年中強化しております。

ダイヤモンドは、金などと同様に高い資産価値を持ち、長年に渡り人気を維持しています。この記事では、ダイヤモンドの査定買取額がどのように決まっているかなどを紹介します。

https://www.atpress.ne.jp/news/133028

ダイヤモンドの市場状況について

昨年の10月にコロナ禍で相場が急落しましたが、底入れの兆しが見え相場が上がって行っています。これは金でも同じような状況で、経済状況が悪化すると資産価値のある金やダイヤモンドなどは一旦は売りに出され相場が下がります。ただ、その後の購買の需要が増え相場が戻るというのが一般的になっています。そのためダイヤモンドや金をお持ちの方は、相場が下がったとしても心配せずご自身のタイミングで換金すればいいかと思います。

ダイヤモンドの基準となる『4C』について

ダイヤモンドの価値は、4Cで決まります。4Cとはダイヤモンドの品質等を評価する基準4つの要素のことで、カラット・カラー・カット・クラリティの各要素の頭文字に「C」がつくことから「4C」と呼ばれています。4Cは、専門家がダイヤモンドの特徴を比較し、価値を厳密に定めるための基準です。一般的に4Cでグレードが上がると、稀少性が高くなるとされていますが、価値を見比べる時に同じグレードの要素が1つあったとしても、他の3つの要素のグレードの違いによりその価格は変わってきます。各要素とグレードを知ることは、ダイヤモンド選びには欠かせません。

https://www.rakuten.ne.jp/gold/wsp/diamond/4c.html

ダイヤモンド買取金額はどこで差が出てくるか

① 上記の4C基準をどこまで正確に鑑定ができるか

② 高値で売れる販売ルートを業者が確保しているかどうか

ご自身のダイヤモンドなどに鑑定書がついていれば、相場も公表されていますので大体どのくらいの金額で買い取られるかを把握されてから

査定買取にいきましょう。※0,1キャラット以上のダイヤモンドは鑑定書が作成できます。

また、ダイヤモンドのグレードに関して経験が浅い業者は少しランクを低く見て買取を行うそうです。そのため、信頼できる業者かの判断をするためにも事前にご自身のお品物をチェックすることが重要になってきます。

ダイヤモンドの査定買取ならおたからや阪急西北店へ

おたからや阪急西北店では、ダイヤモンドの査定買取を1年中強化しております!また貴金属やブランド品など多くの商品買取を行っております。買取方法についても、店舗買取・出張買取・宅配買取・LINE査定など様々ご用意がありますので、お気軽にご相談くださいませ。

Follow me!

    お問い合わせフォーム

    まずはお気軽にお電話、LINE、FAX、下記お問い合わせフォームよりご相談ください。
    担当者より折り返しご連絡させて頂きます。

    おたからや西北駅前店ライン公式アカウント



    オンラインからの査定も行っておりますので、商品写真をお持ちの方はLINEもしくはお問い合わせフォームより添付いただけます。

    必須お名前
    必須メールアドレス
    電話番号
    ご住所
    お問い合わせ項目
    写真ファイル1(※査定をご希望されるお品物の写真をお送り頂けます。)
    写真ファイル2
    写真ファイル3
    お問い合わせ内容をご記入ください
    個人情報保護 おたからや阪急西北駅前店のプライバシーポリシーに同意する