合成石とは?天然と合成の違いと買取について

おたからや阪急西北店では、合成石の査定買取を1年中強化しております。
この記事では、合成石の概要と天然と合成の違いと買取についてなどを紹介します。

合成石とは

合成石とは、天然宝石と同じ成分で、人工的に作られた石です。ある意味「本物」ですが、「天然」ではありません。化学的に作られていますが、区分としては宝石です。合成石と天然石を見分けるのは非常に困難なため、鑑別機関に依頼しましょう。機械を使わずに見分ける方法は、不純物にあります。合成石にはほとんど不純物が入っておらず、とてもきれいな色をしています。不純物は天然の証なのですね。合成石は多く流通していて、その種類は合成ダイヤモンド、合成ルビー、合成サファイア、合成エメラルド、合成アレキサンドライト、合成オパールなど。市場価格は比較的高価です。
引用元:https://karatz.jp/about_jewelry/

合成ダイヤモンドについて

世界中で合成ダイヤモンドの市場が拡大しており、2027年までに年平均成長率7%で成長する見込みとのことです。

参考記事:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000003300.000067400.html

合成石の需要が高いのはなぜなのか

理由としては単純で天然石の供給が足りていないためです。例えばダイヤモンドやルビーなどは、硬度が高いため工業用のカッターなどで持ちられていました。ただ工業用の消耗品で天然石を用いるとコストがかかりすぎるため、合成石が生み出されました。天然石と同じ成分で作られ、不純物の入っていない石(合成石)を大量生産しました。

合成石の買取について

実績豊富なプロの買取専門店へ

重要なことは、宝石の取り扱いに長けていることです。ダイヤモンドや金をはじめとして、知識だけあっても現物を数多く鑑定してきていなければ正しい鑑定はできません。ただお客様から見ればどの業者に依頼をすればいいかの判断がつかないかと思います。

そのため宝石を専門に扱っているお店や合成石や天然石なども査定ポイントを公開している用なお店などから選ぶと比較的安心できるのでお勧めです。

市場を把握する

上記でも紹介した通り、今後合成石の供給は年々増加していくでしょう。加えて買取の専門業者でも年々クオリティーの上がる合成石を天然と見分けるのは難しいものです。一部の業者は天然のダイヤモンドを合成ダイヤモンドとして買い取るところも増えてくるでしょう。

また、一般消費者が合成石で満足し需要が高まった場合、天然石の価格が暴落することも考えられますし、希少性がさらに上がり逆に買取価格が上がることも考えられます。

お手持ちの宝石類などをいつか売却しようとお考えの方は、市場が大きく変化する前に現金化するのもおすすめです。今後、現にお持ちの天然石でえ合成石と認定され買取価格の桁が少なくなる可能性もありますので、信頼のできる業者へ一度相談してみてはいかがでしょうか。

合成石や天然石の査定買取ならおたからや阪急西北店へ

おたからや阪急西北店では、合成石や天然石の査定買取を1年中強化しております!他店には一切負けない買取金額になっております。また貴金属やブランド品など多くの商品買取を行っております。買取方法についても、店舗買取・出張買取・宅配買取・LINE査定など様々ご用意がありますので、お気軽にご相談くださいませ。

Follow me!

    お問い合わせフォーム

    まずはお気軽にお電話、LINE、FAX、下記お問い合わせフォームよりご相談ください。
    担当者より折り返しご連絡させて頂きます。

    おたからや西北駅前店ライン公式アカウント



    オンラインからの査定も行っておりますので、商品写真をお持ちの方はLINEもしくはお問い合わせフォームより添付いただけます。

    必須お名前
    必須メールアドレス
    電話番号
    ご住所
    お問い合わせ項目
    写真ファイル1(※査定をご希望されるお品物の写真をお送り頂けます。)
    写真ファイル2
    写真ファイル3
    お問い合わせ内容をご記入ください
    個人情報保護 おたからや阪急西北駅前店のプライバシーポリシーに同意する